FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category [スポンサー広告] | --.--.--(--) PageTop

チュニジアの障がい者に関する勉強会

先月の話になりますが、先輩隊員とJICAチュニジア事務所の方々が障がい者に関する勉強会を開いて下さいました。

3日間に渡り、チュニス市内の特別支援学校や大学病院、リハビリ養成校の見学、社会問題連帯省の人たちとのセミナー等、大変有意義な内容でした。

素晴らしい施設も沢山見学させて頂きました。
け8

でも、何か引っ掛かる点もチラホラ・・・。
『何の治療中ですか?』
『リハビリです!』
け3
カーテンの向こうでは何が行われているのだろう^^;?

月曜の午前中だというのに、この部屋には患児が一人もいない。
アクティビティグッズは、見栄え良く並べられている。
け4
どれも使いこんだ感じがしないなぁ。

職業訓練校では、大工やパティシエ部門、農業や革製品などありました。
け5け6
でも、作った商品は年に1回、保護者達に売るだけ。との事^^;なんか現実味がないなぁ。
就職率100%とは言っていたけど・・・。

言語療法中のST室にもお邪魔しました。
け1
患児1名に対しスタッフ4名・・・。ふーん^^;

OT室にもお邪魔しました。
け2
座位のままかぁ・・・。代償入っているけど気付いていない様子。
愛護的すぎる印象も受けました。

リハビリの養成校
け7
OTの養成校はここだけ。卒業生は現在101名。
PTの半分以上は臨床ではなく、観光地でタラソテラピーとして働くとの事。
『PT・OTは何故地方に少ないのですか?』
『田舎には誰も行きたがらないからです。』
ふーん^^;

特別支援学校の養成校で、
『何故、先生達は積極的に働かないのですか?』と質問したら
『・障がい児の変化が乏しいから、やる気がなくなる
 ・適した授業の方法が分からない
 ・長期休暇の後、ステップアップ出来ていたのに元に戻っている
 ・時々疲れる』
との回答でした。

社会問題連帯省では、障がい者に関する法律の話をきました。また、
『私達が一番力を注いでいる事は、障がい児を普通校に戻すことです。』
とのお話でした。

同じ障がい者団体でも支部によって財力が異なる質問をしたところ
(例えば、UTAIMフェリアナ支部では洋服や毛布、食料を全生徒に配布してますが、UTAIM○○支部だと毎日のバスのガソリン代もままならない)
『校長次第。』
との回答でした。
『校長同志で、寄付を回すとかしないのか?』
『同じ団体でも、横の繋がりは希薄です。たまたま同じ団体に所属しているだけ。』

良い意味でも悪い意味でも、今回の勉強会は大変有意義でした。
地方であるフェリアナにも、リハスタッフは就職しなさそうな事も分かったし、特別支援教諭の働かない(?)理由も養成校の先生の口から聞けたし、各学校の運営も校長次第!


タイムリミット1年と半年!
自分の配属先で何を優先させて行うべきか、少し整理出来た勉強会でした!

Trackback [0] | Comment [0] | Category [未分類] | 2010.04.20(Tue) PageTop

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Comment

Private

 


 プロフィール

Maco♪Tunisia

Author:Maco♪Tunisia
2011年9月にチュニジアの特別支援学校での作業療法士(OT)としての活動を終え帰国。現在もOTとして東北で活動中!

 最新記事
 最新コメント
 最新トラックバック
 月別アーカイブ
 カテゴリ
 FC2カウンター
 検索フォーム
 RSSリンクの表示
 リンク
 ブロとも申請フォーム
 QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。